2011/4/20

Ultimate Zero Tour Live High Quality Sound!!!  U-Z Project



 Ultimate Zero Tour live CDは、映像のないDVDと思ってもらっても良いかもしれません。
 ですから、通常のオーディオよりもホームシアターシステムの方が理想かもしれません。
パイオニアのホームシアターセットでも試してみました。サブウーファーとミニスピーカーのバランスを整えていけば必ずライブ会場の雰囲気を再現できます。 
 これは未検証ですが、おそらくパソコン用の2.1chシステムでも問題なく再現できるものと思われます。
 シャープのポータブルミニMD/CD System、いわば昔でいうラジカセレベルのもの=1ビットのSD FX-20でも試聴しましたが、ミニサイズながらクリアで迫力あるサウンドです。
 とにかく、音がこもるように聞こえる場合はほぼスピーカーシステムに問題がある、と考えて差し支えないようです。その意味ではこのCDはオーディオのテスト用もに使えます。


 30万のyoshii9には手が届かない、という方にもUltimate Zero Tour Liveの音の良さ、いや、すべてのミュージシャンが意図した本来のあらゆるメディア音源を導き出す安価な方法があります。
 すでに私が試して実証済みです。
普段どれほど歪んだ、こもった音で、本当の音楽の楽しみを奪われていたかに、はたと気がつくことでしょう。
 Time Domain series の中で、最も安価な(the cheapest) Time Domain Lightこれが一番お勧めです。タイムドメインミニやMarty 101
http://www.bauxar.com/Marty101/
とシャープのサブウーファーCP SW 50の組み合わせでも試しましたが、どれも良好です。http://www.amazon.co.jp/TIMEDOMAIN-light/dp/B000AA5MTE
Time Domainの弱点といわれる低音ですが、Sub woofer サブウーファーに同時につなげると
コンサートの空間に近いものが再現できます。
詳しくは下記リンク先を参照してください。サブウーファーもそれほど高くありません。
これでUltimate Zero tour Liveが巷で言われているような「bootleg soundブートサウンド」とは異なり、ライブ会場の音の位相を正しく記録し、また余計な拍手などの音を極力抑えたものとなっていることがよくわかります。このわずか3〜4万円足らずのステレオセットで、あたかも会場の雰囲気を再現できたのですから、私も驚きました。 
 yoshii9であっても、よりコンサート会場の音に近づけるにはこのCDに限っていえば、サブウーファーともつなぐと完璧です。
http://www.timedomain.co.jp/support/howto/howto_light_07.html

クリックすると元のサイズで表示します
1



2011/3/2  1:05

投稿者:Yasu

今、確かめましたが、Voices Of LifeのKalimanko Denkoはパソコンipod, itunesプラスOlasonicでは最高音部で音がが割れました。
ipodプラスyoshii9で聴くと、最高音部の割れは一切無く、すべてきれいに再現しました。
 皆さん、これを機に、いろいろな機種で試聴してみましょう!!
 それによって、同じCDでも全然印象が異なることがわかり、元の音源の価値がはっきりわかってきます。
 

2011/3/2  1:03

投稿者:Yasu

アッチョーッ!!!すいません!!!日本のEddie Jobsonさん。
 誤植があったので書き直して投稿したら、順番が入れ替わっちゃいました。書き直ししなきゃよかった!
 実はEJさんと全く同じ意見を持ったオランダの方がEJ Forumに、Eddieの弁明の直後にコメントを寄せているのですよ。すごいシンクロニシティーですね!
 ミュージシャンは、と、ひとくくりに言えないかもしれませんが、私の友人のミュージシャンは、やはりさりげなく、ミニコンポレベルでもワンビットのシャープがいいとか、ローランドよりKorgのほうが断然上だとか、スタインウェイというけれど、ベーゼンドルファー(ちなみにユーロロックプレス記事によればPiano OneのEddieのピアノは記憶が正しければベーゼンドルファーだったはずです。)の方がいい音出してる、とか結構音にうるさいものですよ。
 音にこだわるミュージシャン魂を追っかけるのもありなんじゃないですか。
 私はイヤホンではあまり聞かないですね。耳がすぐおかしくなりますし、音は体全体で聴くものだと思ってますし、そのほうが断然癒されます。

2011/3/1  20:56

投稿者:Yasu

 EJさん、はじめまして。
 おっしゃる通りかも知れませんね。
 ここに紹介したのは、私がたまたま持っている機種から、良い音が出たものを紹介しているにすぎません。悪い音の出たオーディオはここでは紹介していません。もちろん私の主観です。

 別のところでも記したように、たとえばTheme Of Secretsなどはあるレベルのオーディオでなければ本当の響きやサウンドのすべてを表現できないのは事実です。

 70年代富田勲の数々のシンセサイザー作品も同様です。
 記憶に間違いがなければ、レッドツェッペリンも各国のレコードの音源の質を保つためにレコード盤作製のカッティングマシーンを統一する、というくらい徹底しましたね。Presenceあたりからだったではないでしょうか。
 様々な形をとりますが、そういうこだわりはあり得ると思います。それくらいにまで音にこだわっているのですから、その本来の音源が持つポテンシャルを引き出せる機種を選ぶべきというのは間違ってはいないでしょう。
 しかも、私が実際に耳で確かめたところによれば、それほど高価なものでなくても忠実に音源を再現してくれるものもあります。Olasonicもその一つで、別のコメント欄にも記しましたが、1万円前後で入手できるパソコン専用スピーカーです。
何もハイエンドでなくてもよいのです。

 いずれにせよ、あるレベルの繊細な音やダイナミックな音を含む音源は本当に感動をもたらします。
 ライブ音源ですから、Theme OF SecretsやVoices Of Lifeとは異なる音響効果を狙っています。
 ちなみにVoices Of Lifeも高度なアンプとスピーカーでなくては、高音が割れてしまいますが、これも同様の論理が成り立つでしょう。
 Ultimate Zero Tour Liveは音質からいっても感動の名作の一つです。

2011/3/1  20:44

投稿者:EJ

御返事感謝します。

本題ですが、今の時代の音楽環境を、エディが知らずに、曲を提供する、とは考えにくい。
MP3プレーヤーで、小さな、多くはドンシャリ系のイヤホンを耳に突っ込んで、通勤通学、の傍らで、何か別のことをしながら音楽も聴く、と言うスタイルが(少なくとも日本では)一般的でしょう。
多くの聴き手に、広く音楽を伝えたい、と(CDを発売するのだから、マイナーな小規模の聴き手だけを対象にしているとは考え難い)考えるのなら、聴き手の姿勢、施設を問うような作り方をするだろうか?
ここに集うのはエディファンだろうけど、みんなが皆、音楽を聞く設備投資を思う存分出来る訳では無いし、仮にエディに(このオーディオシステムが凄い!などと)促されたとしても、それは義務でやる物でもない。
出来る物なら、そうしたいけど、現実には、そこまで投資出来ない、人が大多数でしょう。

エディ自身は、どう考えているのかな。
CD購入したあとの事まで、あれこれ指定したいタイプの御人なんだろうか?
大多数、と言う単語に、正面切ってぶつかるのは、避けるのかな?
ファンから構成される、大多数、なんだけどね。

2011/3/1  17:20

投稿者:EJ

聴き手に過度に高度な要求を突き付けるのが作り手としてのプロの在り方なのだろうか?
主さんはこの製品の販売等に関係する職業の方ですか?
唐突に出てくるので違和感を感じました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ