2012/8/1

7月30日読売1面  News

 今朝の読売朝刊の編集手帳に、なぜかプログレが登場。 マイクオールドフィールドやミスタービーンコラボの、ヴァンゲリスの曲が花を添えたオリンピックオープニングセレモニーも関係したのでしょう。
 執筆者をはじめ、責任世代の中にはプログレファンが多いはず。 
 世代継承の努力をすべき、との警鐘は同感!!!

クリックすると元のサイズで表示します
4



2012/8/4  7:26

投稿者:Yasu

Nikkiさん、お久しぶりです。
 日本の文化全体に対しては意見が異なりますが、音楽に関しては、個人の好みもありますが、いえるかもしれませんね。
 演歌も雅楽もほとんどどの曲も同じに聞こえますね。
 神にささげる雅楽も荘厳な越天楽さえ聞けば、それでいい、という感じがありますね。
 もしかして神々もプログレのほうがお好みなのではないでしょうか(笑)

2012/7/30  10:16

投稿者:Nikki Matsumoto

新聞に掲載するコメントとしては面白いですけど、政治と音楽を同じ次元で語るのは無理とは思いますよね。事実、UKも再結成して人気が復活したし、イギリスではまだまだ根強いですよ。完全に衰退したわけではないですから。

プログレだけではなく、ブリティッシュロックは英国民の誇りでしょう。だからオリンピックでも、ロックが強調される。

でも日本にはそういった誇れる文化・音楽がないんです。演歌や雅楽じゃ盛り上がらないし、世界の音楽ファンにはアピールできない。よく太鼓演奏とかが取り上げられますが、単調で飽きられる。そもそも音楽ではないですし(祭りや神への祈りという意味で演奏するものですから)

それで私は和楽器プログレとも言えるRock Of Asia を結成したんです。実は昨夜、ライブだったんですがやはりプログレしてるって評価されましたね。11月には中東に行きますが世界的に注目される事を信じてやってます。

http://www.rockofasia.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ