「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

 

リトヴァ・コイスティネン配信!!  アーティスト情報


http://music-book.jp/music/Artist/286819/Music/aaabn1qz

フィンランドカンテレ界の至宝、重鎮、最高峰の演奏家

リトヴァ・コイスティネンのアルバムが

ネット配信されています。

アルバムの表紙には五弦カンテレの写真がありますが

リトヴァの真骨頂は

コンサートカンテレの超絶技巧とこの上なく美しい音色!



そのコンサートカンテレの現代曲等が

収められたCDがダウンロード購入できます。


シベリウス音楽院のカンテレ科の教授として

長きにわたり多くの素晴らしい演奏家達を

育ててきました。

アメリカのカーネギーホールで

演奏をした世界初のカンテレ奏者でもあり

カンテレの全てを知り尽くした唯一無二の音楽家です。


カンテレをやっていて

リトヴァ・コイスティネンを知らないなんてあり得ない!というほどのお方


今年の5月から配信が開始されていましたが

これほど有名で大ベテランの演奏家にも関わらず

日本ではコンサートカンテレ愛好者の間や

クラシックカンテレに興味を持つ人々の間でしか

知られていないのは、嘆かわしいことです。


本物の音色、本物の演奏を聴きたい、知りたい、

そういうコアなカンテレ愛好者は

やはりフィンランド人演奏家の音を聴くべきと強くお勧めします。


クリックすると元のサイズで表示します
★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0

2019/9/16  8:49

エヴァ・アルクラ コンサート  コンサート情報

クリックすると元のサイズで表示します


日本ではすっかりおなじみの

エヴァ・アルクラが娘さんのフリダさんと一緒に

来日公演を行います。

東京でのコンサートの他、北海道などでも行う予定です。


エヴァといえば、やはりコンサートカンテレ!


コンサートカンテレの名手として国内外で高い評価を得ており、

現在はタンペレの音楽院でカンテレの指導をしながら

演奏活動を精力的に行っています。


クラシックから伝統曲、

現代曲やポップスをアレンジしての演奏など

クラシックの技巧や知識がきっちりした素晴らしい演奏家なので

何を弾いても素晴らしく、

レパートリーも幅広く、

繊細、力強さ、深さ、など

コンサートカンテレの魅力を余すことなく伝えるアーティスト。


このコンサートは

バイオリンを学んでいる娘さんとの共演曲もあり

コンサートカンテレと他楽器との

美しいアンサンブルが楽しめる、

そんな内容となっています。


エヴァの美しいカンテレの音色と

バイオリンの響き、

皆様のお越しをお待ちしております。


★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
2

2019/9/15  14:47

貧困  一般情報

https://yle.fi/uutiset/3-10612634

フィンランドの最新の統計で(2018年)

約60万人が貧困ラインを

下回る苦しい生活を

送っている、という、

yle の記事です。

平均所得の60パーセント以下の収入で

生活をしなければならないのが、

貧困ラインだそう。


クリスマス時期には

様々な救済機関が、

食料を寄付したり、

衣服を子供たちに贈ったり、
一時的ではありますが、

幸せな時間を過ごすことが

できるような措置があります。

この記事は、

重い呼吸器の病気のため、

働くことのできない47歳の母親のインタビューを中心に

構成されています。

子供達が帰宅して空腹でも

おやつなどない、

普通の食材でさえないときも珍しくない、

貧しさのため、

子供達は学校で苛めに遭う、
食料を買うために自分の薬を買うのを諦める、

夫も働いてはいるが、

給料は日々の暮らしに必要なものを買うだけで

すぐになくなる。

家の屋根には穴が開き、

水道料金が払えないから

水道はひいていない、

寄付された食料は

少しずつ食べる、

等、

日本で報道されたり

雑誌で特集されたりする

フィンランドとは

全く違う人々の暮らしが

描かれています。

フィンランドの人口は

約500万人ですから、

実に1割強の人々の暮らしは、

石鹸やトイレットペーパーを

買うこともままならない、

貧しく苦しいものだということです。


クリスマス時期には、

特別な援助があっても、

それ以外は

パンの配布の列に並んだり、

空腹を我慢し、

新しい服なども買えず、

爪に灯をともすように

生きる人々。

https://yle.fi/uutiset/3-10612634

ネットの自動翻訳で

読めます。

今年も国の経済状態は

悪く、増税も検討されているという話も。




0

2019/9/14  17:53

少子化と学校閉鎖  一般情報

https://yle.fi/uutiset/3-10965335

yle の記事です。

世界一幸せな国認定の

フィンランドですが、

これは

国民一人ひとりに

アンケートを実施した結果

じゃありません。

GDP、平均余命、寛大さ

、社会的支援、自由度、

腐敗度といった要素を元に

幸福度を計る、

国連が発表する世界幸福度指数です。

教育もいつぞやはPISA で

フィンランドが世界一になり、

すげー!とフィンランド教育ブームになったことも。

しかし、

少子化のため、

フィンランドの地方の学校は

年々廃校が進んでいます。

通ってる学校が廃校になったら、

子供達は遠くの学校に

自治体が運営する無料のタクシーや

バスで長時間かけて

通わねばなりません。

学校がない村には

人々は移住などしないので

益々過疎化が加速し

子供が増えない、

そんな状況だという記事です。

フィンランドネガティブキャンペーンを

しているわけじゃ

ありませんが、

負の面も含めて

それがフィンランド。

フィンランドが好きな皆様、
ニュースから見えてくる姿も

ぜひ知っていただきたいです。




クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ