「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

2019/3/16  11:12

ヴィルマ・ティモネン来日します  コンサート情報

クリックすると元のサイズで表示します

中型カンテレの名プレイヤー
ヴィルマ・ティモネンが来日します。


東京には15年ぶり。

2008年に札幌で開催されたカンテレキャンプの際には
講師として招かれました。

札幌でもコンサートを行いました。

お問い合わせはチラシに記載されています、
アンサンブルプロルッカまで。

★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0

2019/2/5  19:45

カンテレ講座のお知らせ  入会について

クリックすると元のサイズで表示します

東京のカンテレ奏者・指導者・音楽療法士・声楽家、
桑島実穂さんによる、カンテレ講座のお知らせです。

カンテレにはご存知の通り、様々な種類があり、
その中でも初心者でも楽しく弾ける小型カンテレの講座です。

2月17日㈰、フィンランドカフェのキエロティエにて
参加費は1500円、楽器も貸し出しが可能です。

定員も限られていますのでお申込みはお早めに!

桑島さんは、音楽を専門に大学で学ばれ、
フィンランドのトップカンテレ奏者たちとも親しく交流し、
しっかりとした正しい技法と理論に基づいて指導をしてくださいます。

キエロティエさんの住所はこちら↓

〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目16−20−2F SNビル信濃屋


★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0

2019/2/5  19:25

すっかりご無沙汰してしまい・・・。  演奏動画

管理人です。

すっかり自分の演奏活動やら練習やらで
友の会活動は後回しになっていましたが、

ブログを書くのもなかなか時間のかかることで
その時間を練習に当てたい、うーーーというジレンマ
なんとも悩ましいです

サーリヤルヴィカンテレのとっても素敵な動画がありましたので
こちらにご紹介します。

これだけ軽快に弾けたら楽しいでしょうね
演奏者は

パウリーナ・スルヤラさん。

https://youtu.be/qHKkAO-bt5s

★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0

2018/8/28  22:46

コネビスト教会の鐘の音 Ida Elina  演奏動画

Ida Elinaによる、

コネビスト教会の鐘の音。

マルッティ・ポケラのバージョンを元にしていると思われますが、

Ida自身による、全く新しいアレンジで、

粒のそろった16分音符の指さばきや

速いパッセージでもきっちりとフィンガーダンピングで下りてくる、

テクニックも表現力もほんとうに素晴らしい。

そして撮影のロケーションや季節が、曲の変わり目ごとに魔法のように変わる演出。

長い時間をかけて、全ての季節を通してロケや撮影を行なったのでしょう。

ドローンによる空中撮影の、雪原や凍った河でのシーンは圧巻です。

よく見ると、彼女の指先は、赤くかじかんでいるのに

真冬のフィンランドの氷点下の気温の中でも、

リズムが狂うことなく印象的な主旋律を奏でるアーティスト魂には感動です。


コネビスト教会は、現在はロシア領土となっている地に建てられています。

戦争により、他国の領土となってしまった島に建つ教会を想い、

この曲を聴くと涙するフィンランド人もいるそうです。

16:9の画面なので、ブラウザによっては

Youtubeのサイトに飛んでから試聴することをお勧めします。






★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ