「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 このブログでは、★フィンランドのカンテレアーティストの情報 ★カンテレやカンテレの姉妹楽器の動画 ★フィンランドの一般情報 を 日本のカンテレ愛好者やフィンランドに興味のある方々にご紹介していきます。 日本カンテレ友の会は、カンテレを愛好するすべての方のための非営利団体です。国内でのカンテレコンサートやワークショップのサポート、フィンランドからのカンテレ奏者の招聘や演奏会・ワークショップ企画、会報の発行などを行っています。 カンテレに興味のある皆さんのご入会をお待ちしております!

2022/1/17  6:53

不思議惑星キン・ザ・ザ  演奏動画

不思議惑星キン・ザ・ザ

ソビエト時代に制作され(1986年)

批評家たちからは散々こき下ろされたにもかかわらず

一般公開されるやいなやカルト的人気大爆発で

ソ連全土で1520万動員した映画だそうです。


昨年の5月に日本のいくつかの映画館でも

上映されていたそうです。

トレイラーがyoutubeで公開されていたので

観てみましたが、色々と謎、色々な意味で謎、

特撮がなんとも・・・・

スターウォーズと同年代の映画なので

そう考えるとさらに謎。


さて、映画の話が主ではなく

その映画のテーマ曲を

クロマチックカンテレとギターのアンサンブルで

カバーされているの方々の動画がありますので

ご覧ください。


Kin-dza-dza! (G. Kancheli) for kantele and guitar

ピアノの楽譜をもとにギターとカンテレ用にアレンジされたそう。


Ensemble Kandeleh

クロマチックカンテレ:Viktoria Nizhnik

ギター:Yakov Nizhnik


彼らの St. Louis King of France Church (Austin, Texas, USA)

でのコンサートでの録画映像だそうです。2021年4月。

映画の大筋も、動画の字幕に書かれています(英語)

映画のワンシーンには、とっても大きなクロマチックカンテレも

登場するらしい??

デジタルリマスター版のDVDも昨年発売されたらしいです。








★お使いのブラウザによっては、

少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。

管理人は、googleで閲覧しています。

IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。




★ 記事内の写真と文章は、

カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。

ご使用になる場合は

「カンテレ友の会より引用・転載」

と一言添えていただくと共に、

こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。

無断での転載や使用はご遠慮ください。
1

2022/1/17  6:33

マズルカ Mazurka  演奏動画

マズルカは

ポーランドが発祥の舞踏曲で

四分の三拍子の音楽。

2拍目、3拍目にアクセントを置く

リズムが特徴だそうです。

ポーランドの作曲家、

ショパンもマズルカを数多く作曲しました。



カレリア共和国のアンサンブルカンテレによる、

フィンランドのマズルカの演奏動画です

2021年10月23日に開催された、

「21世紀のカンテレ・Kantele in the XXI century」

コンサートでの模様。

このコンサートを企画運営したのはKantele Goes Global! プロジェクトです。



この曲では演奏者たちは

フィンランド様式の5弦〜10弦程度のものを

弾いているようですね。



★お使いのブラウザによっては、

少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。

管理人は、googleで閲覧しています。

IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。




★ 記事内の写真と文章は、

カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。

ご使用になる場合は

「カンテレ友の会より引用・転載」

と一言添えていただくと共に、

こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。

無断での転載や使用はご遠慮ください。
3

2022/1/16  8:10

2夜続けての極光  フィンランド

昨夜は長時間の光の乱舞が

ほぼフィンランド全域で

観測されたようですが

(曇天の地域は残念ながら見られなかったそうです)

今宵も短時間ではありましたが

南方面でも観測されるくらいの

オーロラが出現しました。


オーロラ予報が出されたので

昨日の反省を生かして

一眼レフのバッテリーを充電し

三脚に取り付けて待ち構えていましたら


昨夜よりもかなり遠い北方向の空に

ゆっくりと

絵具を水面に流したような動きで

緑色の光が現れました。


昨日のように近づいてきては

くれませんでしたが

何度見ても その時は寒さを忘れるほど

美しく神秘的な夜空

(消えた後に寒さがどっと襲ってきますが)


露光時間をかなり長くとったのと

月夜だったこともあり

手前の雪で覆われた畑も明るく写っていますが

昼間ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します


この後、20分ほどらゆらと姿を変えながら

夜空に光の帯が舞っていましたが

霧のようにすーっと消えていってしまいました。


幸運だったのは

極光が消えた後に

雲が空を覆い始めたこと。

この記事を書いている今は、

もうすっかり夜の曇り空になっています。

そしてやはり身体が芯まで冷えてしまいました。



ご存じの方も多いですが

極光は太陽活動の状態によって

現れる現象です。



あと何度このような機会に出会えるかは

全くわかりませんが

お天道様の(太陽のことです)お心次第、

といったところなのでしょうか。





★お使いのブラウザによっては、

少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。

管理人は、googleで閲覧しています。

IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。




★ 記事内の写真と文章は、

カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。

ご使用になる場合は

「カンテレ友の会より引用・転載」

と一言添えていただくと共に、

こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。

無断での転載や使用はご遠慮ください。
1

2022/1/15  20:47

オーロラはカナダの方がいい??  一般情報

かなり昔に

8月の半ば、日本で言えばお盆の時期に

ユヴァスキュラエリアに滞在したのですが

夏のオーロラを観たことがあります。

この時も太陽の活動がエネルギッシュだったらしく

フィンランドの低緯度地方でも

(晴れていた場所では)

未明から美しいオーロラが観測され

ニュースになっていたのを覚えています。



オーロラは冬だけの現象ではありません。

太陽活動による現象なので

夏でも観ることはできます。


フィンランドは夏はいつまでたっても

明るいので観測がほぼほぼ不可能。

発生していても何にも見えない・・・。

8月中旬過ぎなら

夜中の12時以降は陽が沈んでいるので

発生すれば肉眼で観測することができるのですが

高緯度地方はまだ明るい時間が長く

観測できる確率は下がります。


HISさんのサイトによると

夏のオーロラを観るならば

カナダがいい!とのこと。


観賞確率95%以上?!一生一度のオーロラを観るには

イエローナイフがいい5つの理由


凍っていない湖に映る、

緑の光の帯のゆらめきが

この世の者とは思えないほど美しいのだそう。


上のリンク先には

本当に美しいオーロラの動画がありますので

ぜひご覧になっていただきたいです。

夏のオーロラなら、寒くない!

昨夜は、少々気温が上がっていたとはいえ

マイナス4度〜7度の中での

オーロラ見物は骨身に凍みました・・・。







★お使いのブラウザによっては、

少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。

管理人は、googleで閲覧しています。

IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。




★ 記事内の写真と文章は、

カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。

ご使用になる場合は

「カンテレ友の会より引用・転載」

と一言添えていただくと共に、

こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。

無断での転載や使用はご遠慮ください。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ