「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

2013/8/24  17:27

カンテレ博物館 part 2  kantelemuseoカンテレ博物館

パロッカのカンテレ博物館レポートの続きです。
昨日帰国しました管理人です。
やっと、自宅のPCで作業ができるようになり、ノロノロモバイルPCのイライラから解放されましたので、動画をアップします。

博物館で、館長さんのKari Dahlblom さんからのご承諾をいただいております。
この動画で演奏されているのは、Melodia Soitin工房のカンテレ。
古い時代のカンテレのレプリカで、澄んだ音色がとても大きく響くカンテレでした。

ハーパヴェシスタイルの演奏に興味をお持ちの方は、この工房のカンテレがお薦めです。


Kari Dahlblom氏は、カンテレ演奏家としても大変素晴らしく、ソ連の楽団などにも所属していた有名な方ですが、空軍でお仕事をされていた公務員という経歴もお持ちです。現在は引退され、カンテレの研究や指導、演奏活動などに力を注がれています。

「日本に行って演奏してみたいけれど、何せ引退した身だからね」

(日本はやっぱりちょっと遠い国、渡航費用など大変ですから・・・。)





★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。
1
タグ: kantelemuseo Kari



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ