「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

2012/5/24  20:54

カンテレ・フェス プログラムの紹介  カンテレ・フェス in Meidän festivaali 2012

今年の7月29日から8月4日まで トゥースラ、ヤルヴェンパーという街や、その周辺で開催されるカンテレフェスのプログラムを少しずつ紹介します。

(一度に紹介したいのですが、たくさんあって一遍には難しい・・ごめんなさい)

7月29日日曜日
オープニングコンサート

出演
Pekka Kuusisto, ヴァイオリン
Markus Hohti,  チェロ
Roope Gröndahl, ピアノ
Elisa Kerola,  カンテレ
Mari Mäntylä,  ギター
Jenni Vartiainen, カンテレ
Kathy Gowers,  ヴァイオリン

演奏曲目

Olli Virtaperko: Sato (ke.)
オッリ・ヴィルタペルコ 「収穫」

Timo Hietala: Great Mistakes pianotriolle
ティモ・ヒエタラ 「大いなる間違い ピアノトリオのために」

P. H. Nordgren: Equivocation
P.H ノルドグレン「イクィヴォケイション」(あいまいな言葉、という意味)

Liszt: otteita teoksesta Vaellusvuodet
リスト:「巡礼の年」より

時間 18:00
会場 Kallio-Kuninkala
Address: Ristinummentie 6, 04400 Järvenpää
tel. +3589 271 1711
 この邸宅は、フィンランドの音楽家を経済的にサポートし続けた、パリヘイモ家のものでした。現在は、とても素敵な宿泊施設や、牛舎の2階を改築した現代的設備の整ったスタジオやコンサートホールとして、シベリウスアカデミーの学生たちやOBの演奏活動の拠点となっています。

カンテレのエリサ・ケロラは、シベリウスアカデミーでカンテレを学び、現在は国際的な演奏家、カンテレ指導者として活躍しています。カンテレはもちろん、スエーデン語、ドイツ語、英語というマルチリンガル。スイスやドイツ、ロシアなどでオーケストラとの共演など、その実力は国内外で広く認められています。

また、ジェニ・ヴァルティアイネンは、Umaというユニットでカンテレを弾く演奏家。同じくシベリウスアカデミー出身の若手演奏家です。

この夏、フィンランドに行かれる方、ヘルシンキからちょっと足を延ばして、緑に囲まれた歴史を感じる建物の中で、カンテレと他の楽器とのコラボに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
0
タグ: kantelefes



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ