「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

2017/7/9  13:17

10弦カンテレのミックススタイル奏法  入会について

割と古い動画なのですが、
10弦カンテレの「ミックススタイル奏法」のご紹介です。
これは、小型や中型のカンテレや、近隣諸国のカンテレと似たような楽器、
例えば、ロシアのグスリ、エストニアのカンネル、リトアニアのカンクレース、ラトビアのクァクレ等でも、同様の奏法が伝わっています。


ミックススタイルとは
コードをかき鳴らすのと指で旋律をつま弾くのと、
両方の奏法を使って曲を演奏する方法です。

左手は、コードのポジションを抑えますが、
押さえた指でメロディの音もつまびく、
当然コードが変わるときは、指のポジションも異動する、

右手はストロークをしたり、
時にはメロディの単音をつまびいたり。

この動画では、演奏者は右手でストロークをしているのですが
メロディになる弦をターゲットにしつつ、かき鳴らしていることがよくわかります。

と、頭で考えるとややこしいですが
弾いてみて覚えることが何よりです。

演奏者はアンッティ・ケットゥネン。
トラッドの演奏家としては大変有名で、作曲家としても数々の作品を発表しています。






★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ