「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

2017/9/18  14:42

ミンナ・ラスキネン 東川町コンサート  コンサート情報

9月16日土曜日

とてもお天気が良く、大雪連峰がくっきりと浮かび上がる澄み切った空。

北海道のほぼ真ん中あたりに位置する人口およそ8000人の小さな町、東川町。
ここで、ミンナ・ラスキネンのコンサートが開催されました。

主催は北海道フィンランド協会、そして旭川フィンランド協会と東川町教育委員会の強力なバックアップをいただいて、素敵な会場で温かく、和やかな演奏となりました。
クリックすると元のサイズで表示します
北海道フィンランド協会会長井口氏よりご挨拶

会場となった東川町地域交流センターの交流プラザは、大きな吹き抜けと光が燦燦と差し込む解放感溢れる美しいホールがあり、音響も素晴らしい。

安田侃の彫刻「妙夢」が生命感を与えているようでした。

クリックすると元のサイズで表示します

スタッフの方々も、とても温かくミンナを迎えて下さり、受付から昼食の手配、CDの販売と、本当に細やかな気配りと優しいおもてなしに感激しました。

旭川フィンランド協会の速水教授はスライドショーのためのPCをご用意くださり、また、教育委員会の関係の方々やセンターの職員の方などが、会場設営にご尽力くださいました。
季節風というフォークグループで活躍した上山ご夫妻も、もしものときのために音響機材を用意してくださったり、交流会では司会進行をしてくださったり、ご活躍くださいました。
クリックすると元のサイズで表示します
真ん中の白いシャツの男性が、上山さんです。
「黒い鷲とカンテレ」ぜひお聴きくださいね。

こうした、多くの皆様のお心遣いもあり、そして、お客様の温かい雰囲気の中コンサートは盛会のうちに幕を閉じ、終演後の交流会では色々な質問がお客様から出て、ミンナもそれに答えて、とても楽しい時間となりました。

東川町は、小さいけれど国際交流が盛んで、フィンランドからの留学生や、フィンランドと教育関係で交流をしていたり、フィンランドの文化を積極的に取り入れていたりと、素敵な町です。
なんと、水道代が無料!
大雪山系の豊かな水をそのまま各戸で引いているのだそう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

北海道のカンテレ奏者とのアンサンブルもあり、色々なタイプのカンテレを聴くことができる演奏会となりました。

北海道に初めてカンテレを紹介し、指導を行った26年前のミンナ。
それからもずっとカンテレの歴史が北海道で続いていることに、とても感激していました。

北海道フィンランド協会、旭川フィンランド協会、東川教育委員会、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。


★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ