「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

2017/9/22  20:16

ミンナ・ラスキネン 小樽  アーティスト情報

来日中のミンナ・ラスキネン。

現在は関東に滞在中ですが、北海道での最後の演奏会は小樽朝里川温泉のホテルのロビーコンサートでした。

当日の様子を、札幌カンテレクラブのこうのちえさんからお寄せいただきました。
以下、ちえさんのレポートを掲載いたします。



++++++++++++++++++++++++++
来日中のミンナ・ラスキネンさん、北海道での最後のコンサートは
18日夜、朝里川温泉の「おたる宏楽園ホテル」で行われました。
この日は、朝から台風18号が北海道に上陸し天候が心配されましたが夕方には雨も小降りに。
ホテルラウンジのくつろいだ雰囲気の中、
近隣からいらしてくださったお客様や、ご宿泊のたくさんのお客様が
演奏に耳を傾けてくださり穏やかでリラックスした感じのコンサートとなりました。
ミンナさんは、5弦、15弦、コンサートカンテレで
マルッティ・ポケラ直伝の楽曲数曲、フィンランド伝承歌の弾き歌い、
ニュー・アルバム『Rinki』からのオリジナル曲などを即興的なアレンジも加えながら披露。
最後は、コンサートのサポートをさせていただいた札幌カンテレクラブのメンバーを招き入れてくださり、
「赤い花白い花」、9日のワークショップで習った「Suomenmaa スオミの地」、「Lemmen käki 愛のカッコー」をご一緒させていただきました。

(札幌カンテレクラブ こうのちえ記)




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真をご提供くださいました皆様、ありがとうございました。

★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ