« 141103 | Main | 141101 »

141102

2014/11/3 | 投稿者: W.C.カラス

朝目を覚ますと靴下も履いたまま勿論Gパンも履いたまま布団もかけずに寝ていた。

五時頃一旦起きて水を購入、ごくごく飲んでまた寝る。

シャワーをあみる。
十時頃長嶋さんが迎えに来てくれチェックアウト。

小田原のサウナ&スパへ連れて行ってもらい疲れをとる。
楽になった。

昼飯は西友の中にあるカレー屋。
侮ること無かれちゃんとしたインド料理である。

穴場的な店だそうだ。
かなりのうまい店だと思った。

長嶋さんと飯を喰いながら身の上話とう語り合う。
なかなかに面白い人生を歩んでいる人。

ただのいい人ではない。
実があると思った。

ありがとう。

手厚く扱ってくれました。

十二時半過ぎに店を出る。
小田原の駅で別れの挨拶。
また来ます。

湘南台へ行こうかなと思ったが三番の営業時間内に着きそうになかったのでやめて高円寺に直接向かう。

円盤に行く。
田口さんと挨拶。

近くの店でキングジロー率いるデルタ兄弟のライブがあるので行ってみる。

ちょうどやっておった。

よう!と唄っているジローに挨拶。

案外驚かない。

まあ、私が高円寺に来る事は知っていただろうから予想はしていたのかもしれない。

マイクの調子が悪かったがお客さんも喜んでいたし私も楽しかった。

次に南口駅前広場へ行きプロレスを見る。
かなりの人。

ZERO1である。

ちゃんと有名選手が出ている。

地元のおばあちゃんが私の隣にいたがとても喜んでいた。
高円寺は良い町だなぁ、と思った。

ゼロワン面白いなぁ。

社長大谷氏のファンになってしまった。
お客さんの雰囲気もとてもよかった。

屋外リングでの試合は初めて見たがいいもんだなあ。

すっかり堪能させてもらった。

終わって伊藤さん、フジヤマさん、玉井さんらプロレス愛好者の団体と落ち合う。
その他ライターの方やミュージシャン関係ほか総勢八名。

伊藤さんが円盤の傍のホッピ―呑み放題990円の店がよいとそこへ行く。

5時頃から呑み始めてしまった。

デルタ兄弟を見ながらビール一杯だけ飲んではいたが。

私は楽しくなってしまいついついライヴ前にもかかわらずくいくいといってしまった。
亜土ちゃんも来る。

私は前にも書いたがホッピ―は慣れていない。
だいぶ酔いが回っているのが分かった。

リハをしに行ってまた店へ戻る。

また呑む。

その時点ではまだしっかりとやれると思っていた。

円盤に戻りふくじゅうからスタート。

久しぶりに見るふくじゅうのライブ。
随分とシャープなパフォーマンスになっており驚いた。

よい音を出していた。
そこまでは記憶はあるが何の曲をやっていたのかさっぱり思い出せない。

次はとっちゃんがやっただろう。
後藤さんもいたか。

大谷氏は優しい唄が多かったような気がした。

私は泥酔いしていた。

私が最後という事になっていた。

伊藤さん、フジヤマさんほかさっき飲んでいた人達も見に来てくれた。
かなりの入りになっていた。

私を初めて見に来てくれた人も何人かいた。

ジャークスのサトルも。

私は何をやったのか覚えていない。

途中尿意を催し中断したはずだ。
その時によく観に来てくれる全く温厚な人だと思っていたTさんが烈火のごとく怒って帰って行った。

てめえ何やってんだ!
お前なんかもう知らねえよ。
とかそういう感じだった。

私は追いすがるように謝ったがもう二度と来ないようなことを言ったと思う。

後の祭りだが私は非常に悔いている。
このような酷い醜態をさらすのは恐らく旅先では初めてである。

富山の日に甘えていたのだろう。
慢心があったとも思う。

この汚名を晴らすのはたやすいことではない。
よいsecond アルバムを作るほかない。

Tさんは聴いてくれるのだろうか。

私は池袋のアミーゴ、丸山さんとバイユーに行った。
スーマーもいるし何とか気を紛らわせたかった。

だがダメだった。沈んだ気持ちは全く治らなかった。

知らぬ間に突っ伏して寝ていた。

ゆうさん、丸山さんが荷物を運んでくれ駅前のネットカフェで寝た。






コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ