あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。

映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜

→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

    

2012/11/13

【concert】11/12(月) David Foster & Friends/東京国際フォーラム・ホールA  ポップス

 ネットカフェ難民KATY先輩(現在陸上部の長距離選手)に「久しぶりにデッドのヨーロッパ'72神棚所有者オフやるぞ!」っつ〜ことで日比谷シャンテのひつじやに呼び出されたので、まいう〜なカレーを食べた後に帝国劇場で行なわれてる『ジャニーズ・ワールド』に連れてってくれるのかと思ったら、東京国際フォーラムのほうに強制連行されまちた。こっちはデヴィッド・フォスター&フレンズ。シングルのトップ40なんて曲のウンコ度競争じゃんて思ってるあたしには、デヴィッド・フォスターなんてエンガチョ。現に、あたしのレコード・コレクションのフォスター度は1%未満なんだわさ。ボブ・ウィアの『Heaven Help The Fool』くらいしか持ってないと思うよん。キーボードを弾いてるだけのアルバムもわんさかあると思うので、詳しく調べればいつのまにか数十枚はあったりするかもしれないけどさ。過去から現在までのトップ40を毎日暗記している相撲部の玉ちゃん(iPodには1980年代のハズカシイ系がわんさか。これこそ音楽の王道だと思ってて、殆どチャートインしないボブやデッドは全く眼中になし)はフォスター度30%、フケ専KATY先輩は10%みたい。
 デヴィッド・フォスター&フレンズの、「フレンズ」は誰かと言うと、ヘイリー、フェルナンド・ヴァレラ、ダーティーループ、ベイビーフェイス、ポール・ヤング、ピーター・セテラ、チャカ・カーン。最後の3人はもろ1980年代のハズカシイ系で、あれから30年も経った今では、ポール・ヤングはポール・オールドになってるし(風邪ひいちゃったのか、大ヒット曲を全然歌えてなかった。残念)、スーツにネクタイ姿のピーター・セテラはアメリカの上院議員にしか見えないし、フケ専にはたまらない人選だったみたいねん(もともとダイナマイト系のチャカ・カーンは殆ど変わらず。フォスターとコラボする前の大ヒット「アイ・フィール・フォー・ユー」は歌わなかった)。
 で、『ジャニーズ・ワールド』に連れてってもらえなくて不満タラタラ状態だったあたしが、つまんなくて寝てたかトイレでウンコひってたのかっつ〜と、そ〜じゃなくて、超楽しかったのよん。フォスターがなかなかのホストっぷりを発揮してトークも面白く、客席に降りて来て、最前列のど真ん中で1曲目で寝てた白髪の爺さん(タカさん)を捕まえてインタビューを開始。タカさん、緊張してうまく言葉が出て来なかったから、男の人と結婚してるゲイの爺さんにされちゃってたよん。いや〜ん。その後もずっとタカさんはいじられっぱなし(スポンサー企業の社長さんだったのかしらん?)。
 客席にいた人に歌を歌わせたりもしてたけど、これは仕込み? 3人のうち、最初に歌ったのはTOKUで(ジョー山中みたいなルックスになってた)、「Fly Me To The Moon」を歌い出したら、バンドが加わっちゃったし(プロはそのくらい朝飯前か…)。
 とにかく、若手のパフォーマンスを除くと、披露された曲はメインストリーム系の腐れポップス腐れバラード。あたしはこんなもんださださだまさしで聞く価値なしと思って避けて通り、CDなんかひとつも買いませんでしたが、テレビやラジオ、映画で頻繁に流れて耳にしているので、積極的に好んで聞いてないのに知ってる曲ばっか。嫌いだ、趣味じゃない、こんなの好きな奴とはケンカしてもいいやと思ってたフォスター系の曲に、あたしの脳は見事に冒されてたわけです。いや〜〜〜〜ん。ボブ・ディラン(一部の曲を除く)やグレイトフル・デッド、フランク・ザッパにはないメインストリーム系の洗脳力、怖いよ〜。

カワイイ度:☆
名曲度  :☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆

(追記)
・エリック・クラプトンのコンサートで聞き飽きた「Change The World」のベイビーフェイス・バージョン聞けたのが最大の収穫かしらん。
・左利きのベイビーフェイスは右利き用のギターを弦の張り方はそのままで使ってるから、手の形からは何のコードを弾いてるか分からない。響きも変。
・デヴィッド・フォスター&フレンズはアジア・ツアーの一環として東京に来たわけだけど、12日東京公演(ここまでは割とゆったりしたスケジュール)の次は13日上海公演。移動は12日深夜? 13日朝? 体調大丈夫? 特にポール・オールド。
・数学が赤点続きで学校側から自主退学(及び転校先の検討)を勧告されてるKATY先輩(←あたしから言われたくないと思うけど、かなりのドラちゃん)は、フォスターの「こうしたヒット曲の権利は「元」妻が持ってます」「実は結婚記念日なんです」っつ〜発言が気になって仕方ないらしく、コンサートの後、結婚した回数や、今の奥さんと結婚したのは2011年11月11日であること、前妻の連れ子がかなりのドラちゃんだったこと、元奥さんのうち、誰がどのへんの曲の権利を持ってるか等、調べまくり。そんな暇あったら数学の勉強したほうがいいと思うよん。


   

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ