あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。

映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜

→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

    

2012/12/17

12月中旬のお芝居  演劇

12/14(金)『ひとりじゃできねえもん3』朧/演劇集団アクト青山千歳烏山アトリエ

 10月に廃工場でやった『ゴベリンドンの沼』長期公演の大成功は、2012年の小劇場界10大ニュースに入ると思うけど、これは次の大きな公演の前の小規模&実験的な習作。粗悪なヘロインのお話でちた。バッドトリップ。LSDやマリファナの話にしたほうが楽しかったんじゃないかしらん。10時には完全に撤収しなければいけないのに、いろいろあってお芝居が終わったのは9:30過ぎ。無事撤収出来たのかしらん?????
 『ゴベリンドン』について「工場だからこそ出来たよね〜。工場でなければ出来なかったよね〜」(あたしもそ〜言ったと思う。本人に直接)という感想にカチンときたらしく、普通の劇場でもこのくらい出来るぜってことで、今度の本公演はd-倉庫を3週間借り、しかもスタジオライフの林勇輔も参加しちゃうんだとか。すご〜い。

カワイイ度:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


12/15(土)『シューティングガール×バイオミュージック』サイバー∴サイコロジック+うさぎchan/ギャラリーLE DECO

 大衆食堂の姉妹が、母が突然失踪してあたふたする物語。後半に登場したビジュアル系の子がステキだったわん。肉丸たんは他劇団の作品には出演しないらしいですが、平平平平たんも他所では見たことないので(←あたしの調査不足?)今度はfeat.平平平平も作って欲しいわん。

カワイイ度:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


12/15(土)『ド腐れD級アイドル史上最低のクリスマスプレゼント』劇団-テラ壊シ-/あさくさ劇亭

 このへん、無駄にお好み焼き屋、寿司屋、焼き肉屋ばかりが並んでますが、あたしの人生には全く関係がありまへん。国際通りに1軒トルコ料理屋発見。今度ここで夕飯食べようかしらん。
 D級アイドルっつ〜言葉にひかれて、怖いもの知らずのボーボーちゃんに連れられて恐る恐る会場に入ったら、前身真っ黒で白いお面をかぶった怪しい人達が床に寝転んだりしててパフォーマンスをやってて、こっちはどう反応してよいのやら…(こ〜ゆ〜時は、無視してチラシをガン見するしかない)。出し物本編では、陸上部KATY先輩のドッペルゲンガーが出て来てえげつないこと平気な顔してやってまちた。D級のしょ〜もな〜感が漂うコントの連続でちたが、なぜか、人知れず行なわれていた超マニアックなイベントに居合わせることの出来た人間として、自分が神の寵愛を受けたラッキーな人間に思えるという、間違った選民思想を抱いて帰宅。いや〜〜〜〜ん。

カワイイ度:☆
くだらね〜度:☆☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


12/16(日)『Hokuto No Ken』散歩道楽男闘呼組/OFF OFFシアター

 拳四郎たん、実は6人兄弟。しばらく見ないうちに随分ほっぺとお腹に贅肉がついちゃってあ〜あ〜あ〜。これじゃ、もう北斗神拳まともに使えないだろうなあ、強くないだろうなあと思ってたら、満員電車かどこかで経絡秘孔を突かれたか何かで余命1カ月。医者から「お前はもう死んでいる」って言われてた。作品の最後は彼のお葬式のシーンでちた。
 脱ぐと凄いんです系のちょいイケメン(趣味は筋トレ----でも、チンコは小さいという設定だった)がずっとパンツ一丁で肉体美を見せてくれてたのがポイント高
 お話としてはくだらない系なんだろうけど、兄弟愛には癒されたわん。

カワイイ度:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆(終演後マジ煙たい)


12/16(日)『ブラックルーム』メガバックスコレクション/ART THATERかもめ座

 5人バージョンと7人バージョンの2種類ありまちたが、あたしは下田修平くんの出る7人バージョンのほうを見に行きまちた。旅行中に拉致された7人が、4人が殺され、生き残りが3人になったら部屋から脱出できるという理不尽なゲームに巻き込まれ、死ぬ人は自分達による投票で決定するという物語でしたが、時に感情的になって思考に乱れが生じる大人に対し、冷静さを失わずに状況を判断していた女子小学生が最後に勝ちました(パズルゲームが好きであることと、まずは子供を犠牲にしようという人でなしの大人がいなかったのも幸いしたでしょう)。
 プログラムには、アイドルグループのメンバーが文句を言って帰りかねない内容と書いてありまちたが、勝ったのが小学生で、しかも、汚い権謀術数を使ったわけではなく、優れた知性を使って正々堂々と行動して生き残ったので、胸糞悪い系の話にはなっていません(それに下田くんも最後まで生き残ってたし。死んで10分で退場してたら萎え〜)。
 これにもうちょっとヒューマニズムが加わって、あと2〜3人助かる人が多かったら、いつものメガバックスのレベルだったんだけどなあ。

カワイイ度:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆(入り口の喫煙所臭い)

   




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ