あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。

映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜

→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

    

2013/5/1

【concert】5/1(水) 聖者の宮廷講 第16講:バダル・アリー・ハーン楽団  ワールドミュージック

 SMAPのPV撮影に行けなかったので、顔の濃いヘプタパラパシノクちゃんと一緒に東中野の驢馬駱駝に行って、パキスタンから来たカウワーリーのグループのコンサートを見たよん。インド系もしくは中近東系国籍不明の日本人大集合で、ジャニーズ系日本人はあたしだけ。超マイノリティだったわよん。え〜〜ん。

クリックすると元のサイズで表示します


 現地ではこ〜ゆ〜様子だっつ〜ので、主催者から1ドル札を持って来いっつ〜指導があり、会場でも千円を1ドル札10枚と交換する両替サービスをやってまちた。(↓参考資料)



 寺原太郎と共演してインドの古典音楽を共演した後、カウワーリーがスタート。早くも1曲目で最前列のスキンヘッドのオジサンが1ドル札を撒き始めたのを皮切りに、2分に1度は誰かが札を撒きに来たよん。最終的に1000ドルに達したんじゃないかしらん?

クリックすると元のサイズで表示します

 ハーモニウムの前に

クリックすると元のサイズで表示します

 タブラの前に。撒かれた札はすぐに日本側のスタッフが回収に来ちゃったので、派手に散らばってるシーンは撮影できなかったわん。

クリックすると元のサイズで表示します


 あたしは机の引き出しの中にあった1ドル札2枚を持って行ったのですが、みんな気前良く10枚単位でドバ〜ッと撒いてるので、たった2ドルなんてみみっち〜金額じゃ恥ずかしくて撒けず、結局持ち帰ることに。え〜〜ん。
 楽士たちにお札を撒くのは日頃の穢れを祓う意味があるそ〜ですが、あたしはSexy Zoneよこしまアリーナ公演でグッズをたくさん買って心身の浄化をするわん。


クリックすると元のサイズで表示します


 最後の方の曲では、お札大判振る舞いスキンヘッドのオジサンは感極まってマフラーをバダルたんに、青い上着をハーモニウムの人にかけ、指輪もあげちゃってたよん。

クリックすると元のサイズで表示します


 あたしはヌスラット・ファテ・アリ・カーンは見れず仕舞だったので、この手の音楽は今日が初体験。インドのシタールの音楽だと長い時間かけて徐々に盛り上がって行くのが多いけど、カウワーリーは明るい曲が多く、しかも、最初からノリノリなのよん。ところで、この人たち、去年も来日してたのねん。知らなかったわん。今年も「幸せなら手をたたこう」で超盛り上がり。(↓去年のコンサートの様子)



カワイイ度:☆
名曲度  :☆☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ