あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。

映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜

→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

    

2014/1/4

超注目のボブ・ディラン・カバー集  ボブ・ディラン

 タラフの「コリーナ・コリーナ」、コチャニの「雨の日の女」、絶対に面白いはず
 あ〜〜、それから大注目はインドのタンブリン・マン、プルナ・ダス・バウルの「Mr. Tambourine Man」。『John Wesley Harding』のジャケに登場してる人だよん。


1. 見張塔からずっと(エリアデス・オチョア)(キューバ)
2. ミスター・タンブリン・マン(プルナ・ダス・バウル&バピ・ダス・バウル)(ベンガル/インド)
3. コリーナ・コリーナ(タラフ・ドゥ・ハイドゥークス)(ハンガリー)
4. アイ・ウォント・ユー(ビルマ・オーケストラ・サイン・ワイン)(ミャンマー)
5. エヴリ・グレイン・オブ・ サンド(サラー・アギリー)(イラン)
6. ブルーにこんがらがって(ザ・ミュージシャン・オヴ・ナイル)(エジプト)
7. ジョーカーマン(ディヴァーナ)(ラジャスターン/インド)
8. 風に吹かれて(ケック・ラング)(ハンガリー)
9. アイ・ウォント・ユー(トリオ・メイ・リ・デ・ダオ)(台湾)
10. 神が味方(ラーモ・ドゥクパ)(ブータン)
11. 世界のはじめに(サイフィ・ムハンマド・タハール)(アルジェリア)
12. 雨の日の女(コチャニ・オーケスター)(マケドニア)
13. ファーザー・オブ・ナイト(アボジリナル・ピープル・ヨリング・オヴ・ユラクン)(アーネム・ランド、オーストラリア)

  


0
タグ: bob dylan フォーク



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ