あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。

映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜

→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

    

2015/1/24

【talk】1/23(金) 南インドカルチャー見聞録/B&B  インド音楽

 『南インドカルチャー見聞録』の著者3人によるトークショーをゲビタビーちゃんと見に行きまちた。まいう〜なカレー付き。まちかど倶楽部とマサラワーラーのイベントに何度か参加するうちに、あたしもインドの東西南北が多少区別つくようになりつつあります。
 南インドが好き過ぎる3人のトークとあって、中身は超マニアック。後半で、ジョージ・ハリスンが南インドのミュージシャンと出会い、南インドの楽器に興味を持ってたら、音楽の歴史はちょっと変わってたかもなあ〜っつ〜話になり、実は南インドのミュージシャンとも会ってたという証拠写真が登場。ラヴィ・シャンカールが1974年にロンドンで行なったMusic Festival From India用に結成したグループの中の、真ん中の列の右端2人が南インド音楽のミュージシャンなんだそう。お馴染みの写真だけど、そ〜ゆ〜視点では見なかったわ〜ん。

クリックすると元のサイズで表示します

後列(左から): Hariprasad Chaurasia, Viji Shankar, Lakshmi Shankar, Sultan Khan, Kumar Shankar, Kamalesh Maitra
中列:Harihar Rao, Rijram Desad, Kartick Kumar, Shivkumar Sharma, Alla Rakha, TV Gopalkrishnan, L Subramaniam
前列:George Harrison, Ravi Shankar
これで正解かしらん?

 『地球の歩き方:インド』の南インドのコーナーには、料理は載ってるんだけど、音楽に関しては殆ど全く載ってないので、チェンナイの濃い〜音楽シーンを紹介している『南インドカルチャー見聞録』は超画期的なんだわさ。
 1月31日(土)には国分寺のカフェスローで南インド料理の食べされられ放題イベントがあるとのことなので、昼飯抜いて出かけることにしたよん。ど〜せ今度もまた、出席者の8割は食い意地張ってる汚バハンでしょう。

イケメン度:☆
勉強になった度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


   

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ