2019Sea Mountain 4月29日(祝)  

4月29日(祝)10:00〜20:00
一般¥2500 大学生¥1000 高校生以下無料
11時までに受付を済ませた方には当日使える500円の金券を進呈
旧グッゲンハイム邸 神戸市垂水区塩屋町3‐5‐17


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/17

バンド紹介/Westie  

【Westie】
京都府(舞鶴、福知山、南丹)と兵庫県(宝塚)在住のメンバーによるブルーグラスバンドです。
バンド結成5年目、各地のブルーグラスフェスに参加することを目標に練習しています。
Sea Mountainは昨年に続き2回目の出演です。
いつものように楽しんで演奏したいと思います。
よろしくお願いいたします。
メンバー
奥野 康広(banjo、福知山市)
馬渕 勝栄(bass、南丹市)
大機 淳一(guitar、舞鶴市)
小寺 弘一(mandolin、宝塚市)


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/17

タイムテーブル  

プログラムを印刷に出す準備進行中。こんな感じです。クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/17

フードのメニュー公開  

【delicatessen Polaris】
・北欧のスモーガストルタ(甘くないサンドイッチ)
・選べるヨーロッパおかずのピタサンド
・ドリンク/ハーブ、胡瓜、果物をいれたピムズ(ノンアルコール可能)

【 ごーちゃん食堂】
・煮込み料理
・ポテトサラダ
・おつまみ

【CAFE&BEER ハレルヤ】
・夫店長、自家製のキッシュ3種類
・昔懐かしのお味!「あのナポリタン」
・クラフトビール(ベアードビール3種)

【PIZZA AKIRATSCH】
・ピザ(マルゲリータ)
・イタリア惣菜3種盛り合わせ
・生ハム・サラミ盛り合わせ
・デザート(シチリア菓子カンノーロ)
・ドリンク(モレッティビール、アキラッチ特製赤ワインサングリア)

【Tiny Break】
・スコーン2種(ほうじ茶と粒あん、ピーナッツバター)
・マフィン2種(シナモン、チョコレート)
・チーズケーキ

【 六甲山系ピカソ】
・トマトとチキンとココナッツのカレー
・季節野菜と海老のグリーンカレー
・三種の豆のダールカレー(ビーガン仕様)
・チャイ、ウィスキークリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/17

バンド紹介/ひとつ山こえてみよう会  

【ひとつ山こえてみよう会】
「ひとつ山こえてみよう会」は1981年4月に4名の20、30年代サラリーマンが集まって発足しました。グループ名は「もうひとつ花を咲かせてみようかい」をもじって名付けられました。その年の12月に「1合目コンサート」を行ない、以来、日々の生活やふるさとの自然、街の人びと、地域の歴史等をテーマに自分たちの言葉でオリジナル曲をつくり、40年ちかく歌い続けてきました。彼らの歌には地元はりまのにおいがします。はりまの自然と人びとを愛する気持ちが伝わってきます。いわば本来のフォークソングといえるものなのです。現在ではメンバーも10名となり、オリジナル曲は200曲を超えています。平均年齢も65歳、仕事の第一線からリタイアする年齢となりましたが、メンバーそれぞれの長年の社会経験が歌に味わいを与え、ますます魅力が高まっています。継続こそ力です。2016年4月で35周年を迎えた。(姫路文連・築谷/文)クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/17

バンド紹介/shino&Hangovers  

【shino&Hangovers】
shino&Hangoversです。Hangoverとは「二日酔い・酔いどれ」という意味です。全国各地のブルーグラスフェスで一緒に楽しく呑んでいた仲間で、2017年秋に結成しました。ブルーグラスミュージックとお酒が大好きなメンバーです!BluegrassやCountryの曲をデュエットでお楽しみいただけたらと思います。クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/11

バンド紹介/Spicy Jam  

【Spicy Jam】
月に1回くらい、集まってジャムでもしようよ、と昔なじみの音楽友だちに声をかけたのが始まり。
せっかくだからステージも出てみる?とぽつりぽつりと出始め、今はすっかりジャムではなくて月に1回の練習になっています。
オールドタイムの曲を原詞のまま歌うのもあれば、勝手に全く違う日本語の歌詞をつけたものも。
歌詞はほとんど私(佐々木)が書いていますが、今回ノブコさん作詞の初お披露目もする予定。
5月25日(土)に芦屋の宮塚公園で開催される「宮塚マルシェ」のステージに選抜メンバーで出演します。
福田伸子 ギター&ボーカル
佐々木由紀 バンジョー&ボーカル
中井加津子 マンドリン&ボーカル
田川悦子 チェロベースクリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/11

プログラム再々掲載  

オープンマイク枠にさらに追加のご参加がありました。今度は順序を変えて2階から。

2F
11:00 ぽっとでいじー(ブルーグラス、ルーツミュージック)
11:15 ホーキとチリトリ(フォーク)
11:30 Sunflower Singers(ウェスタンスウィングなど)
11:45 猫洞まこと(オールドタイム、ミンストレルソング、戦前のジャズ歌謡や演歌など)
12:00 BABY BABY(カントリー)
12:15 ナターシャー・ヘブン(フォーク(ナターシャー・セブン))
12:30 たけだあすか(フォーク)
12:45 Tea or Coffee(ポップス)
13:00 Here we go!(ブルーグラス)
13:15 オーシマ/タケナカ バンド(フォークソング)
13:30 古里なおみ(カントリー、ブルーグラスなど)
13:45 黒やん倶楽部(黒やん倶楽部)
14:00 shino&Hangovers (ブルーグラス)
14:15 ひとつ山こえてみよう会(オリジナル中心、ローカルフォーク、フィールドフォーク)
14:30 Futaba (アイリッシュ)
14:45 吉田豊(オールドタイム、アメリカーナ、フォーク、ロック)
15:00 サイタラ畑でつかまえて (Good Old Music)
15:15 Mii-chanとJii-chan(オールドタイム)
15:30 アプレッツ(ポップス)
15:45 松本達也(ブルーグラス)
16:00 ヒデとナオコ (フォーク)
16:15 ブルーグラストラベラーズ(ブルーグラス)
16:30 Sunset Cocktail(ボサノバ・ポップス)
16:45 MandoGymの皆さん(ブルーグラス・マンドリン)
**ここからオープンマイク枠**
17:00 Kuro(カントリーブルース)
17:10 ライ麦倶楽部(カントリーブルース、古いジャズ)
17:20 arkibito(あるきびと)(弾き語り)
17:30 Open Back Banjo Beginners(オールドタイム)
17:40 Ginger Mummy(ポップス)
17:50 原さとし(ミンストレル)

1F
11:00 Spicy Jam(オールドタイム)
11:20 ヨドリバーバンド(ブルーグラス)
11:40 ハモンズ ときどきよっこ(フォーク)
12:00 TOGETHER(アメリカンフォーク、ポップス)
12:20 Grass Flavor(ブルーグラス)
12:40 山口トリオ(アイリッシュ)
13:00 Westie(ブルーグラス)
13:20 tune delay(ブルーグラス)
13:40 秋元慎バンド(ブルーグラス)
14:00 デイジーヒル(アメリカンルーツミュージック)
14:20 養老弥助(フォーク)
14:40 イッツ・アバウト・タイム(ブルーグラス)
15:00 Country が セット(ブルーグラス)
15:20 松本玲奈(フォークソング)
15:40 Salty Friends (ブルーグラス&スウィングジャズ)
16:00 Joke on the Puppy Old Time Stringband(オールドタイム)&ダンスワークショップ発表
16:20 アンバー・スカイズ(ブルーグラス)
16:40 松崎博彦(フォーク)
17:00 〇△□ガラーズ(オールドタイム)
17:20 ラッシー(オールドタイム)
17:40 千日前ブルーグラスアルバムバンド(ブルーグラス)
18:00 The Time in My Hands(オールドタイム)
18:20 RAKKAN(アコースティック・アメリカ音楽)
18:40 サザンマウンテンボーイズ エターナル(ブルーグラス)
19:00 赤木一孝(ブルーグラス)
19:20 Old Time Special with Dance(オールドタイム&ダンス)
0

2019/4/11

バンド紹介/ブルーグラストラベラーズ  

【ブルーグラストラベラーズ】
私たちは、神戸大学時代ブルーグラス同好会に所属し、当時の2回生と1回生で1976年夏にバンドを結成し、バンド名をブルーグラストラベラーズとしました。
今年で43年目になりますが、メンバーは当時のまま現在に至っています。
このバンド名は、代々同好会で継承していたものですが、我々は何となく卒業してもこの名前を名乗ってきました。そのためその後も同じ名前のバンドがいくつか存在していますので、区別するため時にはブルーグラストラベラーズ7と名乗ることもあります。略してブルトラ7です。怪獣はやっつけません。しばらく活動を休止していた時期もありますが、最近は月1回のペースで集まって練習しています。
メンバーは、龍健一郎(ボーカル、ギター)、田村俊雄(バンジョー)、藤田真司(マンドリン)、河合伸二(ベース)、谷口慶祐(フィドル)です。そろそろ定年したものも出始めていますが、かえって時間の余裕が出来て練習に熱が入るかもしれません。SeaMountainへの出演は昨年に引き続き2回目です。これからもよろしくお願いいたします。
(メンバー5人が写っている写真があいにくありませんでしたので、助っ人で岡山君がベースで入っている写真を送ります)クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/11

バンド紹介/ホーキとチリトリ  

【ホーキとチリトリ】
私たち「ホーキ」は京都、福知山の夫婦デュオです。ギター、バンジョー、オートハープ等で童謡、唱歌、フォークソングを気ままなハーモニーで楽しんでいます。多彩なサポートメンバーは「チリトリ」と名付けて温かいステージをお届けします。
今回の「チリトリ」は丹波市の「お散歩おじさん」です。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/11

バンド紹介/アプレッツ  

【アプレッツ】
アプレッツはギターとマンドリンの女性デュオです。
マンドリンの京ちゃんが、すべての楽曲を選曲しアレンジしています。京ちゃんは筋金いりの音楽マニアで、高校のときはトップ40を毎週記録していました。
クラブでは高校のときからアメ民にはいり、ギター、マンドリン、オートハープを弾いて、オールドタイミーのバンドをしていました。大学もアメ民にはいり、1,2年のあいだは、ギターのタンちゃんといっしょにPPMのバンドをしていました。タンちゃんは大学のクラブでこの世界にはいり、京ちゃんにはギターのチューニングから教えてもらいました。
その後PPMのバンドは解散し、別々のブルーグラスのバンドをしましたが、京ちゃんはアイリッシュ音楽に目覚め、アイリッシュハープのデュオでいろいろなところで活躍しています。
Sea Mountain にはそのデュオで以前出演しています。
アプレッツは2年前に結成しました。美しいアイリッシュのバラード、オリビア・ニュートン・ジョン、ジョニー・ミッチェル、シェリル・クロー、ビージーズなどを、レパートリーに取り入れています。
練習はいつも阪急三国のジャンカラでしています。エコノミー症候群にならないように、毎時間休憩して廊下を歩き回りながら5−6時間やってまーす!
よろしくお願いしまーす!クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/11

バンド紹介/カントリー が セット  

【カントリー が セット】
『Country が セット』のバンドリーダーの岡本です。Sea Mountainは2度目の出演となります。バンド名からカントリーバンドって思われるかも知れないですが一応ブルーグラスバンドなんです。そうバンド名をすべてカタカナで書くと『カントリーガセット』どこかで聞いたようなバンド名ですよね!。70年代、一世風靡したウエストコーストブルーグラスの。
なかなかギター・ボーカルの安定しないバンドですが今回は関東赴任から戻ってきたコテコテの江戸っ子「西尾 健一」をピンチヒッター、特別ゲスト?として迎えてお送りします。澄んだウエストコーストサウンドとは真反対ではありますが、関西でのカントリーガゼットフリークの一端として演奏させていただきます。
当バンドでは、ギター・ボーカルを募集しておりますので我と思わん方は一緒にガゼットサウンドを作っていきましょう。クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/11

バンド紹介/松本玲奈  

【松本玲奈】
京都在住の松本玲奈(まつもとれな)と申します。
オリジナル曲を中心とした、ギターの弾き語りをしています。

歌うことは、なんてことない毎日を、とてもエキサイティングに変えてくれます。
そんな素敵な気持ちの高まりを、誰かと共感できたらいいなと思って歌っています。

シーマウンテンは毎回、すばらしい方々と出会うことができます。
今まで出会った方とはさらに深く、はじめましての方とは新しいつながりを、期待に胸を躍らせつつ、今回も楽しんで出演させていただきます♪
よろしくお願いいたします!クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/9

バンド紹介/サイタラ畑でつかまえて  

【サイタラ畑でつかまえて】
メンバー
マーベラス桜井 (Md.Fd・Vo)
タイランド古閑 (Gt・Vo)
タクミノチチ小寺(Md)

文学少女っぽいバンド名ですが、何処から見てもおっさんですいません。古い曲しかやりませんし、できません。
メンバーはいずれもベテラン揃い。マーベラス桜井は10人のウエスタンスイング楽団のバンマスですが、現在休業中。ギターのタイランド古閑(コガ)はアジアを股にかけるナゾの貿易商。タクミノチチ小寺はバンジョー弾きの息子の七光で左ウチワのマンドリン。
この3人では初のお目見得!

実はこの3人、「おっさんバレエ」というバレエ教室で月2回、汗を流している間柄。体幹を鍛え、姿勢が良くなります。阪急茨木で隔週土曜日。身体バラバラになるけど、絶対身体にいいので是非参加しませんか。センセは美人バレリーナ、月謝は立ち飲み価格!どや!

バンド名
「サイタラ畑」は江戸の昔、ミナミ千日前一帯に焼き場と墓地があり、そこにあったサイタラ畑は極楽でも地獄でもない冥途とされ、ここで心中した三勝半七(さんかつはんしき)は「艶容女舞衣(あですがたおんなまいぎぬ)」という浄瑠璃になったほど。そんなまがまがしい千日前辺りで飲んだくれていることが多いので勝手に名乗ってます。コワイでしょうがぁ。

曲目
@ Honeymoon Waltz…タイニー・ムーアが演ってたスイートな古いワルツをインストで。
A Put Me Out to Trail To Carolina…元はデルモアブラザーズ 古閑&桜井のボーカルで。
B Wheather Bird Rag…ルイ・アームストロングのインスト。2本のマンドリンの調べをお楽しみくださいまし。クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/8

バンド紹介/ぽっとでいじー  

【ぽっとでいじー】
ブルーグラス、オールドタイム・ミュージック等の音楽の魅力の項目から『シンプルでわかりやすいメロディ』という項目に偏狭なまでに執着する山本女王様とそれを理解しているのか、野放しにしているのか、とりあえず支える久永洋子、久永雅史、太田正文の古株の3人、それに加え最近ウン十年近く振りにバンジョーをひっ下げ、魅入られたように配下に入れられてしまった清水由紀。
人並み以上に練習を楽しみ、1,5倍の酒を飲み、2倍は喋り、結局練習した半分は忘れる…の繰り返し。
それでも少しづつの進化なのか変化なのか…。それが楽しくバンドを続けておるのであります〜。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ