2012/4/25  13:40

キャスト18 川崎洋子  出演者への思い
川崎洋子(かわさきようこ)
クリックすると元のサイズで表示します
大阪生まれの大阪育ち。 第一師匠は、癒し系ジャズシンガーの中谷泰子。 第二師匠は、ジャズシンガーの故・越智順子。 4歳から電子オルガン・7歳からエレクトーンに親しむ 。 高校卒業後、CATミュージックカレッジ専門学校・
ボーカル科にて音楽を学ぶ。 1997.1月メジャー歌手デビュー 。2000.3月メジャーからインディーズへ。
2002年より、バンド”SHINE”での活動開始 現在はSHINEでのライブ・川崎洋子ソロライブ。
そして、お母さん業、続行中。
http://www2.odn.ne.jp/yoko/  (ホームページ更新停止中)

---------------------------------------------------------------------

ようこちゃんは、プロフィールにもある、某音楽学校で講師をしていたベース、岩田晶さんからの紹介で

ミノヤホールでライブをやったのが初めだったと思う。

まぁ、子供がいる今でも可愛いけど、あの当時はもっと可愛かった。可憐な女の子だったな。

彼女の音楽は、その人間性と相まって、「素直」につきる。

それ故にインパクトというものがあまりない。

メジャーを辞めて、一人になった時に、ライブのプロデュースをさせてもらったが

そういう彼女の音楽性に対して、大変手厳しいことをいって

「私打たれ弱いんです」と、大泣きされたことがあって

ほとほと困り果てたこともあったが、

子供さんができたからは、もともと持っていたその素直なものが

さらに透明になっていくかのように

自然体で音楽に身を委ねているようにみえる。

「生きて行く」ということに、自然に前向きにやさしく

彼女はますます素晴らしい人になった。


そうそう蛇足だが、「川崎洋子」を検索でかけると

随分たくさんの同性同名がいたもので

しかも、同じ様な歌手活動してる人がいるので

この際、改名などしてみてはどうだろうかようこちゃん?

ぼくは普通は改名などせずに、そのままいけ!ということのほうが

多いのだけれど、ようこちゃんは常に前向きなので

次へ向けての改名もいいと思います。

ホームページが凍結してるみたいなので、ブログでも書いて欲しいな。


レッド以降もライブはコンスタントにおつきあいさせていただいていて

最近ライブはご無沙汰になってしまったけど、

ピアノの吉田幸生に彼女の伴奏のことはずーっとお願いしてきて

今では息もぴったりな間柄になりましたね。

今回のユニットも豪華に、先生の岩田晶さんはじめ

ご存知、吉田幸生、西野欣哉、そして平松加奈と豪華です。

ようこちゃん、軽やかに、楽しく、唄いたい唄を唄って下さい。久しぶりのみんなで創り上げる唄を聴かせてもらうのが楽しみですよ。
1

2012/4/25  17:12

投稿者:川崎洋子
岸田さん、ご紹介下さってありがとうございます(^_^)
すぐ泣いてしまうのは相変わらずです。苦。

改名かぁ〜〜・・考えたこともなかったです。
だって私、川崎洋子やもん。(笑)
なんて。。
いえ、そういうのも、考えてみるのもいいかも、ですねf(^_^)

当日、よろしくお願いいたします☆
楽しい楽しい1日になったらいいな、と思います\(^_^)/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ