F1 日本GP  F1

久々に燃えた日本グランプリでした。
待ってましたよ、この時を!

予選から手に汗を握る展開で、可夢偉がまさかの4番手。
キミ・ライコネンがスピンした時してイエローフラッグになった時にはダメかと思いましたよ。
そして、バトンがギアボック交換ペナルティで5グリッドダウンするので、可夢偉が3番手スタート。

決勝。スタートは観てるこっちも緊張しましたね(笑)
今回は可夢偉のスタート上手くいきましたね。2番手浮上。
そして、今回もやってくれちゃったグロージャン。
ウェバーには悪いが、ベッテルの速さを見ると、今回のグロージャンの事故は可夢偉の助けになったと思う。
レッドブル速過ぎだろ。
そして、地味に速かったマッサ。ピットストップで可夢偉が抜かれるとは思わなかった。
今回のペレスは観てて始めからハラハラしてたのですが、案の定やっちゃいましたね。マクラーレンに移籍が決まって気合いが入っていたのだと思うけど、ちょっと気合いが空回りのような。
終わってみれば、可夢偉が3番手、マッサが約2年ぶりの表彰台でベッテルが優勝。
ベッテル強過ぎるな。

次戦の韓国GPもザウバーは期待出来る速さではないか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ