「この夜を止めてよ」/JUJU  音楽全般

このブログで紹介する音楽は基本アルバム単位で紹介しようというのが主旨ですが、今回は一曲にしぼって紹介したいと思います。

先日、iTunes Storeでソニーミュージックの楽曲配信が始まった。
これは、大きいです。僕も早速、JUJUの「この夜を止めてよ」を買ってみました。
以前から気になっていた曲で、Youtubeに上がってたライブ動画を何回も観るくらいお気に入りの曲です。
そして、さすが松尾潔さんのプロデュース!最高のR&Bバラードソングです。
歌詞のインパクトもすごい。

曲の始まりの歌詞が
「「愛してる」っていうあなたの言葉は 「さよなら」よりも哀しい」
アウフタクトで始まる順次進行の駆け上がりのメロディーでこの歌詞はインパクトがある。
アウフタクト部分は、ImのIの音から順次進行で、♭VI M7のM7の音へ行く。
マイナーキーの♭VIのM7の音って良いですよね。妙な色気があって。
音って面白い事に、コードに対しても一音一音に意味があるんですよね。
その意味が分かって曲を聴くとまた面白い。

この曲の歌詞を全体的に観ても、これぞ!R&Bという歌詞で泣ける曲。
さすが、松尾さん!最高のセンスです。
松尾さんのプロデュース曲はどれもオススメですね。

僕も自分の曲は自分で歌詞を書くのでこういう歌詞は書いてみたいですね。
歌詞書くって、メロディーがあるので文字数に制限があり、それが苦しみであり楽しみでもある。
一種の言葉遊び感覚もあり、自分の作る物語を語る手段でその演出に音が彩るという部分もあると思います。作詞家視点の話ですけど。
作曲家視点は逆ですね。メロディーを彩るため歌詞というか。
結果として歌詞がある歌物音楽は、両者が調和して出来上がる作品ですね。
だからこそ、演奏する時は、メロディーも歌詞も考えながら演奏したいですね。

この曲のベースラインもいいですね。
こういう曲のノリとハーモニーを感じながらベースを弾くのは楽しいと思いますし、それができるプレイヤーが最高のベーシストだとも思います。
始まりの高音ピアノも綺麗でいいですね。
ピアノで弾いてみると、個人的好みですが間奏部分のベルと重なって鳴っているあのフレーズが気持ち良すぎる(笑)
コード進行はシンプルなクリシェですが、9度と♭7度を絡ませるのがなんとも良い!そして右手は変わらずベースが順次進行で下がる。シンプルなんだけど、テンポ感とリズムと弾いててとても気持ちのよい塩梅。

後半のコーラスフェイクもグッドで、歌詞、メロディー、編曲と総合して聴いても、至高のバラードでオススメの一曲です。
0
タグ: JUJU R&B SOUL



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ